飯田下伊那薬剤師会からのお知らせ

第4回 飯田下伊那薬剤師会 公開講座 報告

data 2014年3月4日

第4回 飯田下伊那薬剤師会 公開講座 報告
 
 
  飯田下伊那薬剤師会の公開講座も、今回で4回目を迎えることができました。この公開講座は、公益法人制度の改革により、民間の非営利活動の推進を求められたことがきっかけで、薬剤師会では、地域の皆さまと健康について一緒に考える場をとスタート、平成22年度は、「ベルサイユのばら」の作者であり、ソプラノ歌手としてご活躍されている池田理代子さんに、コンサートとご講演をいただき、素敵な歌声、元気の出るお話を聴く事が出来ました。
 一昨年は、バラエティ番組でご活躍のタレントの山田邦子さんをお招きしました。山田さんは、40代後半に乳がんを体験され、タレント活動の傍ら、厚生労働省の「がんに関する普及啓発懇談会」の委員を務められ、ご自身の乳がん体験を中心に、ユーモア満載の講演会でした。
 昨年は、日曜日の夕方、『笑点』でおなじみの三遊亭小遊三師匠をお迎えすることができました。高校・大学と卓球部に所属し、山梨県の卓球選手権で優勝したことがある方で、さすが落語家、次から次へと出てくる言葉で、会場全体が包まれました。
 今回の公開講座ですが、昨年の10月末、東国原英夫さんにご講演いただくことが決まり、いよいよ広報用のポスターを印刷しようとした、まさにその時、猪瀬東京都知事辞任のニュースとともに、「東国原英夫、都知事選に出馬か?」という話が、テレビのワイドショーで伝えられましたが、皆さんもご承知の通り、新東京都知事は舛添要一氏となり、今回無事に公開講座を開催することができました。
 当日は、開場前から多くの皆さんが来場され、会場は600席が満席+立ち見の方もいらっしゃいました。東国原さんの講演の前には、地元出身の笛奏者 森田梅泉さんの癒しの音楽をお聴きいただき、午後2時開演を迎えました。
 東国原英夫さんは、そのまんま東として、たけし軍団に所属されておりました。軍団に入られた経緯話を皮切りに、女優のかとうかずこさんとの結婚秘話や政治家を目指して早稲田大学で学び、宮崎県知事選挙に出馬したことが、離婚の原因となったこともお話しいただきました。その後の宮崎県知事時代のさまざまなエピソードを、ユーモアとジェスチャーを交えてお話いただきました。
 笑顔は元気の源というように、1時間半の講演会でたっぷりと笑い、来場者の皆さんの免疫力がアップいたしました。
 身近に接したスタッフとしての感想は、時間があれば常に仕事をされていて、とてもバイタリティーのある方だなと感じました。
 飯田下伊那薬剤師会では、地域の皆さんが聴講したい講師の方に、伊那谷に来ていただき、普段なかなか聞けないお話を聞くことができる事業を目指してまいります。
 今後も、地域の皆様に、薬剤師会の活動に期待していただけるよう、会員一同尽力してまいりますので、一層のご支援ご協力をお願いいたします。


0094_original0166_original
講演される東国原英夫さん