飯田下伊那薬剤師会からのお知らせ

感染症情報

data 2014年12月26日

 飯田保健福祉事務所の発表(飯田下伊那感染症情報)によりますと、冬季に好発する「感染性胃腸炎」、「A群溶連菌咽頭炎」及び「RSウイルス感染症」の発生件数が大きく増加し、また、「インフルエンザ」の発生件数も増加傾向にあるとのことです。


 感染予防には、こまめな手洗いやマスクの着用などが大切です。また、急な発熱や咳などの症状がある場合は、登校・出勤を控え、早めに医療機関を受診しましょう。