かかりつけ薬剤師を持とう

医薬分業について

医療の高度化とともに機能分化が進み、現在の医療には多種多様な専門分野があります。
それぞれの専門家がチームワークを組み、協力し合うことでよりよい医療の提供が図られています。
医薬分業はこのような観点から、医師と薬剤師が協力して、お薬をより安全に使っていただくためにできた制度です。

かかりつけ薬剤師を決めよう

かかりつけ薬剤師を決めよう病院や診療所で、診察を受けたとき、みなさんにお薬をお渡しする代わりに、医師は処方せんを書いてお渡しします。
それを、みなさんのお住まいや勤務先の近くの保険薬局へ持って行って、薬剤師にお薬を調剤してもらいます。
処方せんはみなさんが自由に選んだ「かかりつけ薬局」で調剤を受けることができます。

 

「かかりつけ薬局」を持つメリット

「かかりつけ薬局」を持つことによっていくつかのメリットがあります、そのメリットによって皆さんが適正・適切な服薬ができ、安心で健康な生活を送ることが可能となります。

  1. あなたの「薬歴(薬の服用の記録)」を作ります。
  2. 薬の重複投与や相互作用による副作用などの健康被害の未然防止が図れます。
  3. 病院・診療所の医師(歯科医師)の発行する処方内容を知ることができます。
    薬についてわかりやすく説明します。 また、薬の名前や効き目などを書いたメモをお渡しすることもあります。
  4. 服薬指導をいつでも受けられます。
    ・薬の飲み方、使い方について
    ・副作用(症状、頻度など)について
  5. 一般薬の副作用情報なども含め、健康に関する情報の提供が受けられます。

おくすり手帳について

お薬手帳「おくすり手帳」は医師、歯科医師、薬剤師があなたの薬歴を知ることにより重複投与・相互作用を確認して、薬を安全・適正に処方、調剤し使用して頂くためのものです。
通院の際や市販薬を購入する際にご提出下さい。
また、災害時や旅先での急病やケガなどでかかりつけの病院・歯科や薬局に行けない場合にも、あなたの薬歴がひとめで分かる「おくすり手帳」は治療に大変役に立ちます。

おくすり手帳の利用法
  1. 「おくすり手帳」はご自身のお薬の管理にお役立て下さい。ただそれだけの手帳ではありません。
  2. 複数の病院などから処方されたお薬や、街の薬局で購入したお薬などを同時に服用すると、相互作用(飲み合わせ)や薬のダブリ(重複)などにより思わぬ副作用を起こすことがあります。
  3. この手帳を病院や薬局を利用する際に提示ください。
    この手帳にあなたが飲んでいるお薬を記録すると、以後医師は処方の際、薬剤師は調剤の際に、こうした重複や副作用をふせぐ事が出来ます。
  4. 複数の病院を受診する時、また、薬局で薬を購入する時は、医師または薬剤師にこの手帳を提示して、新たに服用することになったお薬は、できるだけ記入していただいて下さい。
  5. 院外処方せんによりお薬を受け取る時は、調剤した薬局に記入を依頼してください。

基準薬局について

基準薬局について最近、街の薬局でこんな看板見たことありませんか?
日本薬剤師会が定めた基準をクリアした薬局を「基準薬局」として定めています。